前へ
次へ

不動産投資によく見る利益関係のトラップ

高水準の利回りを手にできると考えて不動産投資にチャレンジしたものの、それほど利益が出て来ず、投資をやめる人もいます。
投資によく見られる利益関連のトラップがあります。
トラップとして税金があげられます。
収入額はさほど変わっていないというのに、二年目以後に払う税金額が大きくなり、経営難が引き起こされてしまう場合があります。
二年目に税金額が増加するのには、所得より控除されることになる諸経費が影響しています。
不動産投資の一年目は、必然的に不動産を購入します。
こうしたとき課されることになる不動産取得税並びに収入印紙代といった税金、登記を実施する際の税理士報酬などは経費という形で計上されます。
しかしながら、二年目以降こうした費用が必要とされないため、経費が少なくなります。
結果的に、所得税の控除額が減少し、変わらない収入額に対して一年目と比べてたくさん税金を払うことになります。
従って、一年目に対比させた場合、キャッシュフローは減ります。

Page Top